書評 - review -

【書評】『読書は「アウトプット」が99% 』成長のスピードを加速させる読書術とは【藤井孝一著】

今回、ご紹介する一冊は、「週末起業」という創業スタイルを提唱し、一世を風靡した経営コンサルタント・藤井孝一さんによる読書術本。

著者がおすすめしているのは、「アウトプット読書術」です。
本の読み方を、ほんのちょっと変えるだけで、学びを加速させることができます。

 

もしかすると、読書に対して苦手意識を持っている方もいるかもしれません。
本が苦手な理由は、シンプルに「読書の楽しさ」を実感したことがないからです。

アウトプット読書術は、一冊の本からの学びを増大させます。
本物の“使える知識”が身につくのです。
使える知識をたくさん持っていると、人生での選択が変わります。

 

人生は決断の連続です。
良い読書は、新しい選択肢を私たちの目の前に示してくれます。
現状では認識できなかった「新しい可能性」を教えてくれるということです。

ぜひアウトプット読書術を身につけて、今までになかった豊かな人生を味わってください。
必ず読書の面白さにハマるはずです。

「人に伝える」ことで、知識が知恵に変わる

著者が、本書で一貫して伝えていることは、「本の内容をアウトプットしなさい」ということです。
読んだ本を自分の中にとどめておくだけでは意味がない、と強く言い切っています。

「読んで終わり」ではなく、「読んで伝える」ことで、学びが多くなるんですね。
人に伝えるといっても、難しいことをする必要はありません。
家族や身近な人に、今日の出来事を話すように本の話をするだけです。

晩ご飯の話をするように、休日の予定を決めるように、自然な感じで、本を読んだことを伝えます。
普段の話と同じで、会話しているうちに「どういう風に伝えたら相手が興味を持ってくれるか」が分かります。

また、自身が理解している部分、理解できてなかった部分も明らかになります。
普段の話題に「本の話」を加えるだけで、読書から得られる学びが大きく増えるのです。

 

『読書は「アウトプット」が99% 』まとめ

本書では、上記の他にも「購入する本の選び方」や「お金を稼ぐ人の本の読み方」など、様々な視点から読書について触れられています。

読み方ひとつで、仕事にも人生にも“決定的な差”ができます。
ぜひ『アウトプット読書術』を学んで、成長の楽しさを実感してみてください。