雑記 - note -

【夢や目標はいらない】やり抜く人の特徴は自己洗脳力が高いこと【自分にストレスをかける!】

結論から言います。
物事をやり抜くことができる人の特徴はたった一つ。

「自己洗脳力が高いこと」

これに尽きます。

 

達成したい夢や目標がある人に対して、世間ではよく「ビジョンを描いてモチベーションを高めよう」などと言います。

しかし現実問題として、どれだけの人がビジョンによって夢を達成してきたでしょうか。

 

たしかに「ビジョンを描いてモチベーションを高くする」というのは間違いではないでしょう。
問題は、ビジョンを“描く力”の方です。

 

「ビジョンを描こう」というのは、「妄想をして心地よくなろう」という意味ではありません。
世の中には、ここを理解せずに大金を巻き上げている自称ビジネスマン、自称セミナー講師が多すぎます。

あなたは決して、そんな底辺の戦いに巻き込まれないようにしてください。

 

成功者たちは「恐怖心」を利用している

目標を達成するまで追いかけてくる死神を想像してみてください。
この死神に追いつかれたら、あなたの理想の人生は、死神の鎌で永遠に闇に葬り去られます。

 

目標を達成すれば死神は消え去り、あなたの理想の人生は実現されます。

実は、世の中の成功者は、この「恐怖心」を利用しています

 

日本の偉大な起業家たちは、ドン底の貧乏な生活を経験した人が多いですね。
彼らは、二度とドン底の生活を味わいたくないから、何があっても絶対に物事をやり抜きます

 

これが本当のビジョンの力です。
いまは貧乏でなくても、ドン底の世界をありありと感じてしまうから、絶対に目標達成の努力を諦めないのです。

 

重要なのは、恐怖するレベルのビジョンを描く自己洗脳力です。

本人が自覚しているかどうかはまた別問題ですが、世の中の成功者は、基本的にこの自己洗脳の技術を使用しています。

 

私たちは、理想の人生を送るためにダイエットや筋トレ、仕事の成長のための自己投資を続けようとします。

しかし、大半の人は三日坊主で終わってしまい、当初目指していた目標を達成することができません。

 

「初心忘れるべからず」という日本語があるのは、人間は「初心なんて簡単に忘れてしまう」からです。

こういった三日坊主を助けるためにライザップなどの強制ダイエットビジネスも流行しました。

それほどまでに人間の意志は弱すぎるということです。

 

ストレスを一切無くすと人は無能になる

仮に外部からの力で強制的に物事を続けても、強制力がなくなれば同時にやる気も失います。

重要なのは、自分の力で自分に対して思いっきり負荷をかける力です。
ストレスを自分で自分に与える力です。

 

世の中では「ストレスフリー」が語られます。
ストレスは悪いものだから、ストレスのない生活をしようという運動です。

 

もし人間から一切ストレスを無くしたら全く成長しなくなります。無能人間です。
ストレスが無い世界というのは、あの世と同じです。

私たちがこの世に生まれてくるのは、自分自身を魂レベルで成長させるためです。
ストレスフリーは、死んでからで十分でしょう。

 

「ストレスフリー」の本当の意味は、他人からのストレスは身体に悪いよ、自分でコントロールできないストレスは身体に悪いよ、という意味です。
自分で自分にかけるストレスは、結果として充実感になって返ってきます。

 

人間の脳は、快感と不快感を司る機構があり、それらが生理的均衡状態を維持するために相互に作用するようにできています。

つまり、自分で自分にストレスをかけても、後で脳が勝手に快感ホルモンを出してくれるのです。

 

ストレスに関して注意しなければならないのは、他人に脳をいじられるときです。

例えば世の中の権力者の価値観で脳が汚染されると、私たちの脳は生理的均衡状態を維持できなくなります。
心のバランスがぶっ壊れるということです。

ですから、他者から強制的に与えられるストレスは絶対に気を付けてください。

 

ストレスを生む「恐怖心」が人に「やり抜く力」を与える

他者からのストレスは問題ですが、自分から自分へのストレスは成長に繋がります。

 

理想の人生は誰でも思い描けるものです。
「ああなったらいいなあ」「こうなったらいいなあ」と楽しい妄想は誰にでもできます。

 

それに加えて重要なのが「これをやり抜かないとクズみたいな人生になる」というストレスです。

 

自分の堕落しきった姿を想像してみてください。
嫌な自分の姿を徹底的に想像してください。

みじめで醜くて情けない自分を、気持ちが悪い、吐き気がする、絶対にありえない、そんなレベルまで想像してください。

 

その時のストレスこそが、成功者のモチベーションの源です。

 

世の中の気持ちよくなるだけの妄想セミナーに騙されないでください。
何の意味もありません。あなたの人生を1mmも変えてくれません。

思考を停止させるクズみたいなカルト宗教と同じです。

 

本当の宗教はめちゃくちゃ厳しいです。
仏教の開祖・釈尊はとんでもない苦行を通りきっています。
天理教の開祖・中山みきは官憲からボコボコにリンチされています。
キリスト教の開祖・イエスに至っては処刑です。

かの偉大なガンディーやキング牧師も殺されています。

 

自分を変える、社会を変えることのできる人間は、とんでもないストレスの中で生きています。
そして、そのストレスがあるからこそ、とんでもない偉業を成し遂げられるのです。

 

「やり抜くための技術」まとめ

本記事では、「やり抜く力」の構造をお伝えしました。

 

やり抜くために必要なのは、徹底的な自己洗脳です。
恐怖感を使って、自分自身に思いっきりストレスを与えます。

 

そして一度ストレスを与えると、脳の生理的均衡機能で快感ホルモンが分泌されます。

 

他人からストレスを受けると、この機能が狂ってしまうので気をつけてください。
世の中に溢れる権力側にだけ都合のいい常識のようなものは、人の心をじわじわと破壊します。
これは絶対に気をつけてください。

 

もう一つ、世の中には快楽だけを重視する妄想セミナーが存在します。
これはあなたの成長にとって、何の意味もないので無視しましょう。

 

自己洗脳によって自分の人生が理想の人生へと変化します。
自分の脳を最大限利用して、最高の未来を手繰り寄せることができます。

 

その自己洗脳において最も重要なのは、自分を好きになることです。
自分のことを心から好きになって、自分のことをたくさん理解しないと、自分のことは洗脳できません。

あなたの人生はあなただけのものです。
他の人に対しては、何と言ってでも誤魔化すことはできますが、自分の心に対しては、隠し立てが一切通用しないのです。

 

このことを心に留めて、どうぞ最高の幸せな人生を歩んでください。

 

「無き名ぞと 人にはいひて 有りぬべし 心の問はば ​いかが答へむ」(後撰和歌集)