読書 - read -

【超簡単】読書で挫折しないたった1つの方法【通読という呪いを解く】

「読みたくて買ったはずが読み切れなかった」
「読書は大事だと分かっているけど挫折する」

本を読む人が一度は味わう自己嫌悪、読書の挫折。

挫折する人の特徴はたった一つ。真面目な人だということです。

 

読みかけのまま放置している本。
買ったはいいけど、全く目を通していない本。
そんな本を見るたびに、自己嫌悪に陥る。

自己嫌悪までいかなくても、ほったらかしの本が気になって、次の本を読めない人も多いでしょう。

 

そんな真面目な人が、読書で挫折しない方法があります。

それは「通読しなければいけない」という呪いを解くことです。

読書は本来、人間の知的好奇心を育てる最強のおもちゃです。
本記事を読んでいただければ、読書の挫折が無くなり、本を読むのが楽しくて仕方なくなります。

「通読の呪い」を理解し、本を読むことの楽しさを思い出しましょう。

 

読書を挫折する理由は学校教育にあり

現在の日本は、国民の半数が全く読書をしない、という状況です。(文化庁統計より)
ですから、読書に向き合う正しい知識そのものが全く広がっていません。

一般的に私たちが本と向き合う姿勢は、学校教育によって培われます。

 

学校では、1つの教科書を1年かけてゆっくりと学んでいくでしょう。
実はこれが「通読の呪い」の原点です。仮に「学校読書」と名付けましょう。

通読とは、本の初めから終わりまできちんと読むという読書法のことです。
学校教育によって、この「通読」が日本人に叩き込まれます。

 

もちろん学校教育を否定するわけではありません。
1つの教科書を1年かけてゆっくりと学んでいくことは大切です。

しかし、「学校読書」は読書の楽しさを完全に無視しています。

 

読書は本来、自身の知的好奇心を道しるべに、人類が残した知的遺産の中で遊び尽くす行為です。

本を読むという地味な行為の先には、とんでもない豊かな世界が広がっているのです。

 

それらは全て、自身の知的好奇心が元となります。
つまり楽しくなければ、読書の豊かな世界には進んでいけないということです。

教科書を見ながら先生が黒板に書くことをノートに写す。
「学校読書」は与えられた世界でしかありません。

 

文部科学省は、日本人はこれくらいの知識を持っていなければ困る、と学習指導要領を作ります。
「学校読書」は官僚の先生方によって作られた「社会人に必要な最低限の世界」です。

 

与えられた世界から自分の求める世界へ

人は「やらされる」と苦痛に感じます。
「やりたくないこと」を「しなければいけない」のはしんどいですよね。

逆に「やりたいこと」をしているときは楽しいはずです。
それが本来の読書の正しい姿勢です。

 

読書は、明日を今日と違う日にすることができます。
来る日も来る日も同じ苦痛を味わう、そんな毎日から脱却させてくれるのが読書の真の効果です。

 

学校の先生や親、他人は社会的な価値は教えてくれます。
学校教育で教わるのは、社会で有益な人物となるための学びです。

しかし、自分にとって何の価値があるのか、ということは教えてくれません。

 

あなたが社会にとって価値のある人間になれば社会は認めてくれます。
ですが、重要なのは「あなたにとって価値のあるあなた」になることでしょう。

 

「生まれてきてよかった」

そう自らが思えることこそ、最も大切なことではないでしょうか。

 

いくら社会にとって価値のある人間になったとしても、そんな人間はいっぱいいます。
でも、「あなたにとって価値のあるあなた」は、あなたしかこの世にいないのです。

 

「やりたいこと」というのは、待てど暮らせど表れてきません。
それは、あなたの中に存在するものだからです。
あなたの中にしか存在しないもの、とも言えます。

 

読書においては、知的好奇心があなたの「やりたいこと」を教えてくれます。

自分にとって価値のあるものを好きなだけ追い求める。
それが読書の本来の姿です。

 

通読の呪縛を解いて「自分の読書」を確立する

この記事のタイトルは「挫折しない方法」ですが、人は挫折します。
すべての人がなんらかの形で挫折を味わいます。

“挫折”は人間にとって必要なことだからです。

 

竹には節があります。
節がないと、立派な竹にはなれません。

人生における挫折も、竹の節のようなものです。
それは苦痛を伴いますが、必ず節から芽がでます。

 

読書における挫折も同様です。
挫折はあなたが今まで挑戦してきた証です。

挫折があるからこそ、人は学ぶことができます。
学ぶことができるからこそ、人は明日をより良いものへと変えられるのです。

 

読書において重要なのは「挫折しないこと」ではありません。
「続けること」です。

 

挫折しても大丈夫です。本をほったらかしにしても大丈夫です。
一年、読書から離れても大丈夫です。
ゆっくり自分自身を励ましましょう。

「私は頑張っている」
「私は挑戦している」
「私は努力して偉い」

そうして自己肯定感を高めていくことで、自分の心が回復していきます。

 

自分の心が回復していくと、知的好奇心の声が聞こえてくるようになります。

「私はこうしたい」「これがやりたい」という強い思いです。

その声こそが、あなたを豊かな世界へと連れ出してくれる唯一の導きなのです。

 

答えは世界のどこにもありません。
本は初めから終わりまできちんと読むという「学校読書」は気にしないでください。

答えはあなたの心の中です。
あなたの心の声こそが、唯一あなたを楽しい読書へと導いてくれる存在です。

 

読書で挫折しないたった1つの方法まとめ

読書で挫折しない方法は「通読の呪い」を捨て去ることです。

 

私たちは、この世で生きている間にさまざまなルールを身につけます。
自分でも知らない間に、驚くほどのルールを自分のものにしています。

そのルールが、自分自身をがんじがらめにして、身動きが取れなくなっているのです。

 

先生や親、他人が言った何気ないルールが頭の中に蓄積されています。
ルールだらけで頭がこんがらがっているのが現代人の特徴です。

 

頭の中が矛盾しまくっているから、自分の心が分かりません。
何をしたいか、どうしたらいいのかが分からなくなっているのです。

 

大事なのは、頭の中に刻まれたルールの一つ一つを考え直してみることです。

「本当に必要なルールなのか」
「誰かがテキトーに言っただけで本当は重要ではないんじゃないか」

考え直してみて大事だと思ったことは大事にしてください。

 

「要らない」と思ったことは、すぐに捨て去りましょう。
その要らないルールが、あなたの幸福や楽しさ、成長などを邪魔しています。

 

人間は本来、陽気に生きられる生物です。
本を読むときも、知的好奇心の導きによって色んな豊かな世界へと飛び立てます。

読書は楽しいものです。
本を読んでいて立ち止まってしまったら、次の本にいきましょう。

 

自分の心が何を求めているかが第一です。

ぜひ楽しくて楽しくて仕方がない「本当の読書の世界」を味わってみてください。

 

【読書は必要ない】本を読まなくても生きていけるが世界の事例を考えてみる【フィンランド、ユダヤ】「本を読みなさい」 おそらく誰しもが人生で一回は耳にする言葉です。 「本を読みなさい」とは言うけれど、本当に読書は必要なのでしょ...
【読書】理解できない難しい本を簡単に読み切るための3つの方法【積読・乱読・素読】「読書してもゼンゼン理解できない!!」 本を読んでいると「理解の壁」にぶつかることがよくあります。 壁を乗り越えるのってしんどい...
読書をしたら頭が良くなるのは本当?頭の良い人悪い人の違い【ゲシュタルト能力】頭が良い人はかっこいいです。 仕事の悩み事を相談すれば、瞬時に的確な答えを出してくれます。 プライベートのことを相談すれば、親身にな...