学問のすゝめ

学問のすすめの冒頭「天は人の上に人を造らず」の意味【独立宣言からの引用】

福澤諭吉著『学問のすゝめ』初編・冒頭の解説記事です。

間違って解釈されることも多い、学問のすすめ、「天は人の上に人を造らず人の下に人を造らず」は、福澤先生の言葉ではありません。
福澤先生は、人間社会は平等なんて言ってませんし、不平等だからこそ勉強しようと主張されています。

勉強してみんな自立しよう、日本も国家として自立しよう、と『学問のすすめ』の中で伝えているのです。

それも会社に勤めて一人暮らしするとかいう自立ではありません。
もっと根本的な自立心を求めています。
福澤先生が日本人に伝えたかったことは何か、分かりやすく解説します。

 

「天は人の上に人を造らず」は引用

まずは、「天は人の上に人を造らず」の続きを簡単に理解しましょう。

以下、意訳です。

福澤諭吉著『学問のすすめ』冒頭・意訳

「天は人の上に人を造らず人の下に人を造らず」という言葉がある。

そうであるなら、天が人を造るときには、
みんな同じ地位で、身分の高い低いもなく、
肉体と精神の力で自然の物を利用して、衣食住を満足させて、
お互いの足を引っ張ることもなく、自由に楽しく生きてくれよ、と思って造ってくれたのだろう。

しかし、今この世の中を見ていると、頭の良い人もいるし悪い人もいる。
お金持ちもいれば貧しい人もいるし、身分の高い人もいれば低い人もいる。

雲と泥のように大きな違いがあるのはなぜだろうか。

冒頭を少し読んでみると、意味が分かりやすいですね。

「人間は平等って言うけれど、実際は違うよね」ということです。

 

福澤諭吉著『学問のすすめ』冒頭・原文

「天は人の上に人を造らず人の下に人を造らず」と言えり。
されば天より人を生ずるには、万人は万人みな同じ位にして、生まれながら貴賤上下の差別なく、
万物の霊たる身と心との働きをもって天地の間にあるよろずの物を資り、もって衣食住の用を達し、
自由自在、互いに人の妨げをなさずしておのおの安楽にこの世を渡らしめ給うの趣意なり。
されども今、広くこの人間世界を見渡すに、かしこき人あり、おろかなる人あり、貧しきもあり、富めるもあり、
貴人もあり、下人もありて、その有様雲と泥との相違あるに似たるはなんぞや。

 

「天は人の上に人を造らず」はアメリカの独立宣言から

福澤先生は、「人間は平等」って言われてるけど、実際は違うよね、と主張しています。
では「人間は平等」というのは、だれの言葉でしょうか。

これは、複数の説がありますが、最も有力なのはアメリカ合衆国の独立宣言だと言われています。

1776年7月4日『アメリカ独立宣言』
「われわれは、以下の事実を自明のことと信じる。すなわち、すべての人間は生まれながらにして平等であり、その創造主によって、生命、自由、および幸福の追求を含む不可侵の権利を与えられているということ。こうした権利を確保するために、人々の間に政府が樹立され、政府は統治される者の合意に基づいて正当な権力を得る。

 

「すべての人間は生まれながらにして平等であり」という箇所が、「天は人の上に人を造らず」という言葉になったのですね。

福澤先生は『西洋事情』という書籍で、アメリカ独立宣言の和訳をしています。
その後、『学問のすゝめ』の冒頭で「天は人の上に人を造らず」を引用したので、この言葉が有名になりました。

 

なぜ貧富や貴賤の格差が生まれるのか

冒頭の意味は、「人間は平等」というけれど、実際は違うよね、という意味でした。
そこから学問の重要性に繋がります。

その有様雲と泥との相違あるに似たるはなんぞや。その次第はなはだ明らかなり。『実語教』に、「人学ばざれば智なし、智なき者は愚人なり」とあり。

 

実語教とは、当時使われていた教科書のことです。

教科書に「人学ばざれば智なし、智なき者は愚人なり」と書かれてる、これが頭の良し悪しやお金の格差の原因だ、ということですね。

 

世の中には、簡単な仕事と複雑な仕事があります。
前者は単純労働と呼ばれます。

複雑な仕事の例は、医師や学者、大商人などです。

現在で言えば、

・天野篤教授(順天堂大学医学部附属順天堂医院心臓血管外科)
・安冨歩教授(経済学者、東京大学東洋文化研究所教授)
・柳井正会長(ファーストリテイリング代表取締役会長兼社長)

といったところでしょうか。

 

学ぶ人は、複雑な仕事ができる。だからこそ、身分も高くなり、収入も多くなる。
そういったことを、福澤先生はおっしゃっているわけです。

身分重くして貴ければおのずからその家も富んで、下々の者より見れば及ぶべからざるようなれども、その本を尋ぬればただその人に学問の力あるとなきとによりてその相違もできたるのみ

 

学問をするのは自立するため

もちろん、お金持ちになるために勉強しろ!ということではありません。
勉強すれば、仕事をきちんとすることができ、自立できますよね、ということです。

この自立というのは、経済的な自立だけでなく、判断の自立も含まれます
だから、例えば会社の上司に言われたことでも、自分の判断で作業することが大切です。

独立とは自分にて自分の身を支配し他によりすがる心なきを言う。みずから物事の理非を弁別して処置を誤ることなき者は、他人の智恵によらざる独立なり。みずから心身を労して私立の活計をなす者は、他人の財によらざる独立なり。

 

自分で判断して、上司の命令が間違っていると思ったら、自分の意見をきちんと伝える必要があります。
学校でも先生の言うことが正しいのか、家でも親の言うことが正しいのか、きちんと自分の力で判断しなければならないのです。
そして、相手の意見が間違っていると感じたなら、きちんと意見を伝えます。それが自立です。

 

社会の常識だとか、周りがみんなやっているからだとか、そんなことは関係ありません。

自分で物事をきちんと判断する、それが自立であると福澤先生はおっしゃっているわけです。

そのために懸命に学びなさい、必要な物事をきちんと知りなさい、そう私たちに意見を伝えてくれるのが『学問のすゝめ』という一冊です。

 

「天は人の上に人を造らず」の意味【まとめ】

人間は平等っていうけど、社会は平等じゃないよね、というのが『学問のすすめ』冒頭の意味でした。

「学問のすすめ」といっても学校で教えられることを勉強しよう、との意味ではありません。

それじゃあダメだと言って、福沢先生が始めたのが慶應義塾という私塾です。
福澤先生の言う学問は、“自立のための学び”です。

 

お金とか一人暮らしとかそういった意味ではなく、精神的な自立を求めています。

精神的に自立すれば、結果として身分も高くなるしお金も稼げるということです。

社会では、このあたりが歪んで伝わってしまって、「自立」を一人暮らしと勘違いされているのも事実です。

精神的な自立のために学ぶのなら、お金を稼ぐよりも勉強することの方が大事なわけです。
そういった意味では、中学生や高校生も自立することができます。

お金ですべての物事を測らないことも大切です。

以上、『学問のすゝめ』冒頭の解説でした。

 

 

created by Rinker
¥902
(2021/10/23 09:36:32時点 楽天市場調べ-詳細)