学問のすゝめ

【名言】賢人と愚人との別は学ぶと学ばざるとによりてできる【学問のすすめ】

福澤諭吉著『学問のすゝめ』の名言「賢人と愚人との別は学ぶと学ばざる」についてです。

福澤先生は、とにかく学ぶことの重要性を、何度も何度も説かれました

 

「賢人と愚人との別は学ぶと学ばざるとによりてできるものなり」
つまり、世の中が頭の良い人と悪い人に分かれるのは、学ぶ習慣があるかどうかによって生まれる、ということですね。

より深く心におさめるため、前後の文を少し確認しましょう。

 

『学問のすすめ』初編・原文の抜粋

広くこの人間世界を見渡すに、かしこき人あり、おろかなる人あり、貧しきもあり、富めるもあり、貴人もあり、下人もありて、その有様雲と泥との相違あるに似たるはなんぞや。

世の中には、頭の良い人・悪い人、お金持ちの人・貧乏な人、身分の高い人・低い人がいる。
この雲と泥のような有様の違いは、なぜ生まれるのか。

 

『実語教』に、「人学ばざれば智なし、智なき者は愚人なり」とあり。されば賢人と愚人との別は学ぶと学ばざるとによりてできるものなり。

教科書に「人は学ばないと知恵がない、知恵が無い人は愚か者だ」と書いてあるじゃないか。
つまり世の中が頭の良い人と悪い人に分かれるのは、学ぶ習慣があるかどうかによって生まれるのだ。

 

また世の中にむずかしき仕事もあり、やすき仕事もあり。そのむずかしき仕事をする者を身分重き人と名づけ、やすき仕事をする者を身分軽き人という。

世の中には複雑労働と単純労働がある。複雑労働に従事する人を身分の重い人といい、単純労働に従事する人を身分の軽い人という。

 

賢人と愚人との別は学ぶと学ばざる

少しまとめます。

・現実社会の有様は、富強・貧弱など人によって大きく違いがある
・頭の良い人と悪い人に分かれるのは、学ぶ習慣があるかどうかによる
・複雑労働の人を身分の重い人、単純労働の人を身分の軽い人と呼ぶ

上記が、学問のすすめに書かれていることです。

 

身分が重く人徳のあるお金持ちのことを、日本では有徳人(うとくにん)といいます。
一般人が雲の上の存在に思える有徳人ですら、その元は学ぶ習慣の有無によると、福澤先生はおっしゃいます。

 

身分重くして貴ければおのずからその家も富んで、下々の者より見れば及ぶべからざるようなれども、その本を尋ぬればただその人に学問の力あるとなきとによりてその相違もできたるのみにて、天より定めたる約束にあらず。

 

注意点として、福澤先生は単純労働者を蔑んでいるわけではありません
人の権理(=権利)は全く同等のものであると主張しています。

ではなぜ、人の有様の違いを表し、その分岐点が学ぶ習慣にあると唱えたのか、その理由は人々の自立を促すためです。

 

学問のすゝめは『自立のすゝめ』

『学問のすすめ』の内容をきちんと読むと、その中身は『自立のすすめ』であることが分かります。
本書では「独立」という言葉が使われていますが、現代的に分かりやすくいうと「自立」です。

 

「学問」というキーワードは78回登場するのに対し、「独立」というキーワードは103回登場します。

 

福澤先生が、学ぶことを繰り返しすすめている理由は、日本人を自立させるためです。
勉強すればお金持ちになれるとか、身分が高くなるとか、そういった話ではありません。

私たちが自立するためには学ぶことが最も重要なんだ、と本書において主張しています。

 

人々が自立しないと、政府は暴走するし、日本は外国の奴隷になってしまいます。

日本の名企業であったシャープや日産自動車は、すでに海外企業の傘下です。
当然ですが、会社は株主や経営陣が一番儲かります。

 

日本人が日本のメーカーだからと思って使ったお金も、実際は海外に流れているのが現実です。

海外にお金が流れるのは悪いことではありません。
国際化の流れの中では当たり前でしょう。
しかし、日本人が果たして自分たちを豊かにできているのか、そこが重要なわけです。

自分たちの努力が、自分たちの豊かさに直結しているのか、ということです。

 

自分たちがいつか豊かになれると思って、毎日毎日頑張っていること。
日々頑張った結果の成果や豊かさを、自分たちが味わえないとしたら、、。

そういったことを回避するために、福澤先生は「自立の重要性」、そしてそれを支える「学ぶことの重要性」を繰り返し繰り返し説いておられます。

 

「賢人と愚人との別は学ぶと学ばざるとによりてできる」【まとめ】

学問のすすめでは自立の重要性が何度も解説されています。
そして、自立するためには、学ぶことが大切です。

自立の対義語は隷属です。つまり奴隷になるということです。

 

自分が頑張った分から搾取されるのが奴隷です。
例えば、1日に3万円分の仕事をしても1万円しかもらえない、これが奴隷です。

学ばないと搾取されていることにすら気づけません。
自分が損をしていることすら認識できないのです。

 

みんながやっているから、これでいいとか、
常識だから、自分もそれに従う、というのは自立ではありません。

そんなことを言われても、じゃあどうしたらいいの、って思いますよね。

その答えが学ぶことです。
学んで判断力を身につけることです。

 

福澤先生は次のように言います。

独立とは自分にて自分の身を支配し他によりすがる心なきを言う。みずから物事の理非を弁別して処置を誤ることなき者は、他人の智恵によらざる独立なり。

 

どうしたらいいかが自分で分かる状態が自立です。
自分のことを自分で決められるのが自立です。

そのために学習する、多くの物事を知る、社会の道理を知る、たくさん勉強する必要があります。

まずは学ぶという志をしっかりと心におさめる、そのことから全ては始まります。